− 商品紹介/土器 (2) −


写真をクリックすると、複数の画像をご覧いただけます。
商品番号: MZ-009
商品名: 人面付きの壺
価格: 70,000円

ペルー ・ チャビン文化 ・ 紀元前6世紀 ・ 土器
高9.3cm 幅12cm

アンデスの母文化といわれるチャビンの、おそらく後期の小ぶりな壺。頸が太く力強いフォルムだ。器体の三方に人の顔がレリーフ状に表現されている。よく研磨されて金属的な光沢をもつ。目立たないが、口縁の荒れを補修してある。 
 
商品番号: PC-003
商品名: トラティルコの土偶
価格: 40,000円

メキシコ ・ トラティルコ文化 ・ 紀元前1000年
土偶  高6cm(本体) 9.5cm(展示台込)

メキシコ中央高原の出土。トラティルコ文化は、メキシコ古代史において、最も古い時代に属する。この作品は頭部のみだが、凝った帽子や耳飾りを付けた高貴な人物の造形。裏側に、発掘時のメモ(Tetelpan/1935)がある。 
 
商品番号: J-087
商品名: リング状のネズミの壺
価格: Sold

ペルー ・ ビクス文化 ・ 紀元前1世紀 ・ 土器
幅19cm 高10.5cm

ペルー北部のビクス文化は、時代も古くプリミティブだが、自由な発想で奇想ともいえる造形を好んだ。この作品は、ネズミが仰向けに寝ているが、その胴体はドーナツのようなリング状になっている。「クイ」という食用のネズミ。 
 
商品番号: KO-012
商品名: マヤの三脚円筒壺
価格: Sold

グアテマラ ・ マヤ文化 ・ 7世紀 ・ 土器
高18cm 径13.7cm

マヤ独特の円筒形の壺。三つの脚部には、刻文による遺跡の壁面のような装飾が施されている。胴部には、もともと文様があったようで、交差する黒い線がうっすらと見える。マヤの石柱を思わせる、すっきりした立姿が美しい。
  
商品番号: B-017
商品名: エクアドルの土器
価格: 40,000円

エクアドル ・ カルチ文化 ・ 紀元前1世紀 ・ 土器
高8cm 幅11cm

南米エクアドルでは、中南米全体で最も古い時代から、土器文化が発展した。この作品も、ネガティブ技法(ろう抜き法)という手の込んだ手法で着色されている。構成的な抽象画のような、しゃれた幾何学文様が美しい。 
 
商品番号: J-093
商品名: ナヤリの大型土偶
価格: 90,000円

メキシコ ・ ナヤリ文化 ・ 5世紀 ・ 土偶
高19cm 幅15cm(本体) 高26cm(展示台込)

メキシコ西部ナヤリ文化の非常に大型の土偶の上半身。鉢巻のような頭帯をして、耳飾りと鼻飾りを付けている。何か言葉を発しているようなやさしい表情。胸が表現されているので、女性だろう。全体は座像だったと思われる。
   
商品番号: XC-053
商品名: インカの柄付き壺
価格: Sold

ペルー ・ インカ文化 ・ 15世紀 ・ 土器
高11.5cm 幅14.8cm

平たい柄のついたインカの壺。アンデスの全域を支配したインカだが、その工芸品には地域によって差異がある。この作品は、様式から見て南部のイカ文化の流れをくむものだろう。縁や胴に、布の帯を描いたと思われる文様がある。 
 
商品番号: X-171
商品名: リャマの土偶
価格: Sold

ペルー ・ チャンカイ文化 ・ 12世紀 ・ 土器
長さ11cm 高4.8cm

かわいらしいリャマをかたどった土偶。鮮やかな赤のスカーフ状のものを付けているのが珍しい。チャンカイの土偶はこのように多色の糸で飾られていることがある。中空の作りで、背中に穴があるため、土笛だったという説もある。
  
商品番号: J-204
商品名: ティアワナコの杯
価格: Sold

ボリビア ・ ティアワナコ文化 ・ 8世紀 ・ 土器
高16.4cm 口径13.4cm

ボリビアのチチカカ湖沿岸に栄えた、ティアワナコ文化の土器。口の広がった美しい形をしている。側面の黒枠の中に、不思議な構成の幾何学文様が描かれている。このような形の杯を「ケロ」と呼び、トウモロコシの酒を汲んだ。
 
商品番号: LC-024
商品名: トトナカの土偶
価格: 30,000円

メキシコ ・ トトナカ(ベラクルス)文化 ・ 7世紀
土偶  高6.6cm 幅6.3cm 展示台付

メキシコ大西洋岸地域の出土。トトナカの土偶は、他では類を見ない「笑う土偶」として有名である。少し口を開いて歯を見せた表情は、デフォルメがなく自然だ。この作品は、しゃれた形の帽子や大きなイヤリングで飾られている。 
 
商品番号: E-102
商品名: 紡錘車の首飾り
価格: 45,000円

エクアドル ・ マンテーニョ文化 ・ 10世紀 ・ 土器
周の長さ57cm 球の径1.6〜2.2cm

紡錘車は、糸紡ぎ用の棒に付けるコマ(重り)の部分。綿や動物の毛を糸にする道具。この作品は、大きい紡錘車を集めて、一連の首飾りにしてある。金属のパーツや紐は現代のものだ。細い刻線文様を描くのは、マンテーニョ文化の特徴。
 
商品番号: CC-068
商品名: コリマの土笛
価格: Sold

メキシコ ・ コリマ文化 ・ 5世紀 ・ 土器
長さ11.3cm 先端が削れている

精巧に作られたリコーダー型の縦笛。現代の楽器と比べても全く遜色のない出来栄えだ。細い穴から吹くと美しい音が出て、左右に並んだ指孔でメロディーを奏でられる。焼物で作るのには高い技術を要しただろう。非常に稀少な古代の楽器。 
 

 土器  (1) (2)


商 品 紹 介
ジャンル別に画像をクリック
        

注  文  方  法